! 日本オリンピック委員会(JOC)は29日、東京都内で理事会を開き、2030年冬季五輪の国内候補地を札幌とすることを正式に決めた。国際オリンピック委員会(IOC)が新設した「将来開催地委員会」による審査に向け、近日中にIOCに文書で通知し、同委との対話を始める。

 五輪開催地は従来、原則7年前に決めることになっていた。しかしIOCは昨年6月、五輪招致熱の冷え込みなどを受け、選定手続きを変更。決定時期を限定せず早期決定を可能にしたほか、IOC将来開催地委が2段階の審査を経て、IOC理事会に候補地を推薦することになった。JOCは「手続きが変わったばかりで前例もない。IOCと対話しながらやっていく」としている。

 30年冬季五輪には米国の国内立候補都市に選ばれたソルトレークシティーのほか、バルセロナ周辺(スペイン)などが立候補を検討しているとされる。札幌市は当初、26年大会の招致を目指していたが、胆振東部地震の影響などで、30年大会に目標を変更していた。JOCは昨年、30年大会開催に関心のある都市を募ったところ、意思表明したのは札幌市だけだった。