! テニス・全豪オープンの第10日は29日、メルボルン・パークでシングルス準々決勝が行われ、男子は、世界ランキング7位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が4大大会3度優勝で同15位のスタン・バブリンカ(スイス)を1-6、6-3、6-4、6-2で下し、初の4強入りを決めた。同5位のドミニク・ティエム(オーストリア)も同1位のラファエル・ナダル(スペイン)を7-6、7-6、4-6、7-6で破り、初の4強。女子は同3位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が2年ぶりの4強入り。同32位のガルビネ・ムグルサ(スペイン)が初めて準決勝に進んだ。

 車いす部門のシングルスでは、男子の国枝慎吾(ユニクロ)と女子の上地結衣(三井住友銀行)が初戦の1回戦を突破し、ともに準決勝に進出した。

■上地、さすがの安定感

 今夏の東京パラリンピックで金メダルの期待がかかる上地が、4大大会第1戦で好スタートを切った。英国選手に丁寧にストロークを返し、6-2、7-6で破った。第1サーブは8割入り、アンフォーストエラー(凡ミス)は相手の半分以下の17と安定感ある数字。それでも上地は「第2セットはリードした展開だったのに巻き返された。もうちょっとプレーを締めないといけない」と話した。

■国枝「タフな初戦だった」

 国枝慎吾 「タフな初戦になった。相手のブレークポイントのときに、しぶとくサーブを入れることができた」