! 東京五輪代表の残り1枠をかけるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ第2戦を兼ねた、大阪国際女子マラソンが26日、大阪・ヤンマースタジアム長居発着であり、昨年9月のMGCで4位の松田瑞生(ダイハツ)が2時間21分47秒で優勝。MGCの設定記録の2時間22分22秒以内を突破した。

 レースは序盤からハイペース。松田は、終始先頭集団を引っ張った。37歳の福士加代子(ワコール)は、20キロ手前まで先頭集団後方につけていたが、そこから徐々に遅れ始め、25キロを過ぎたところで途中棄権。MGC3位の小原怜(天満屋)もレースに臨んだが、17キロ手前で遅れた。

 五輪の代表争いは、3月の名古屋ウィメンズまで続き、松田の記録を上回る選手がいなければ、松田の代表入りが決まる。

(スタート時の天気は晴れ、気温10・2度、湿度62%、西の風0・5メートル、記録は速報値)