! 「大阪の海は波が立たない」「府外に引っ越せ」。プロとしてサーフィンに向き合う中で、何度も言われてきた言葉だ。それでも地元・大阪を拠点にした活動にこだわり、昨年、大阪出身のプロサーファーとして初めて、ショートボードのグランドチャンピオンに輝いた。

 サーフィンのランキングは、日本プロサーフィン連盟が開く大会で収めた成績に応じて与えられるポイントで順位づけされる。昨年は優勝こそなかったが、年間を通じて安定した実力を発揮し、ランキング1位でシーズンを終えることができた。

 海に面していない大阪府松原市で生まれ育った。アウトドア好きの父政信さん(51)の方針で、幼い時から週末は必ず海や山へ遊びに行った。初めてサーフィンをしたのは小学3年。天性の運動神経もあり、一発で波に乗ることができた。「すごい! 海の上を走ってる」。自然と一つになっているような感覚のとりこになり、毎週のように近隣県の海までサーフィンをしに行くようになった。