! フィギュアスケートの五輪メダリストらが競演する「プリンスアイスワールド熊本公演」(熊本朝日放送、熊本実行委員会主催)が25日、熊本市のアクアドーム熊本で始まった。トリノ五輪金の荒川静香さん、平昌五輪銀の宇野昌磨さんらが美しい技を披露した。

 公演は2017年に続いて2度目。この日は、祖父母が熊本出身で世界選手権を2度制した安藤美姫さん、トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコさんも華麗に舞った。日本で唯一のプロフィギュアスケーターチームも音楽と光の演出に乗って美しい群舞を繰り広げ、競技会とは違った自由な表現で観客を魅了した。

 最終日の26日は午前11時(午前10時15分開場)、午後3時半(午後2時45分開場)の2回公演。当日券はB席8千円から各種チケットがある。(矢鳴秀樹)