! 和歌山北高校出身で自転車トラック競技女子日本代表の吉川美穂選手(27)が日本競輪選手養成所(競輪学校)の入所試験に合格した。16日、同養成所が発表した。

 吉川選手は大阪府岬町出身。高校で自転車競技を始め、実業団を経て、宇都宮市を本拠とするロードレースチーム「ライブガーデン・ビチステンレ」に所属している。

 トラック競技では4人1組で走る団体追い抜きで東京五輪を目指し、昨年のアジア選手権では2位に入った。一方で競技生活の安定を求め、競輪学校を受験。昨年のワールドカップで成績が残せなかった団体追い抜きでの東京五輪出場は絶望的で、ガールズケイリンの選手として2024年パリ五輪を目指すことに重点を移していた。