! 柔道女子52キロ級の元世界女王で、五輪2大会銅メダルの中村美里さん=三井住友海上=を講師に招いた「アスリート柔道教室」が19日、福岡県久留米市の市立南筑高校であった。参加した生徒らは、世界トップクラスの技の実演に見入っていた。

 市内の中高生を対象に、高い競技力を身につけてもらおうと市が主催。南筑高は、東京五輪出場に内定している素根輝さんの出身校で、昨年4月の全日本選抜体重別選手権で初出場で初優勝の快挙を果たした古賀若菜さんも所属している。この日は、同高柔道部員のほか、久留米商業高校の生徒や中学生も参加した。

 中村さんは「何事にも一生懸命取り組むことが大切。私の場合は、勉強が苦手だったけど、勉強も一生懸命やった。そのことが柔道にもつながりました」と振り返った。その上で「大きな目標を持ち、その目標を実現するために毎日できる小さな目標をたてた。その小さな目標を、毎日達成できるよう取り組みました」と語った。

 その後、中村さんが得意とする小外刈りと寝技を実演を交えながら指導。小外刈りでは、相手への体重のかけ方や、足の使い方を詳しく説明。将来の五輪出場を目指す生徒たちは、五輪メダリストの一言一句に聴き入り、練習に励んだ。(倉富竜太)