! 福岡県飯塚市柏の森のアイススケート場「飯塚アイスパレス」で19日、小学生以下の子どもたちがアイスホッケーを体験できるイベント「ニューイヤーフェスティバル」が開かれ、多くの親子連れでにぎわった。

 フェスタは初めての試みで、主催するアイススポーツプロジェクトチームの代表で、飯塚アイスホッケークラブのジュニアチームの元コーチ吉田敏浩さん(39)は「アイススケート人口を増やしたい」と語る。

 ホッケー体験では、クラブのジュニアチームのメンバーが寄り添う中、子どもたちはバランスを取りながらシュートを決めていた。スケート場に来るのは2回目という飯塚市の重村颯人君(6)は「ホッケーは格好いい。球(パック)を打つのが難しかったけど、楽しかった」。

 フェスタでは、ホッケーとフィギュアのエキシビションもあった。(垣花昌弘)