15日、AFC U-23選手権の初戦が行われ、U-23日本代表がU-23カタール代表と対戦。日本は前半アディショナルタイムに田中碧がレッドカードを受け、一人少なくなる中、小川航基がミドルシュートを決めて先制するが、後半にPKを決めれて1対1の引き分けに終わった。

グループリーグ敗退が決まっている日本のスタメンは、GK大迫敬介、最終ラインは右から橋岡大樹、立田悠悟、町田浩樹。ダブルボランチに田中碧と田中駿汰。右に相馬勇紀、左に杉岡大暉。2シャドーに旗手怜央と食野亮太郎。ワントップに小川航基が入る、3-4-2-1でスタートした。

日本のチャンスは前半22分。右サイドの相馬がクロスボールを送り、逆サイドの杉岡が左足でシュート。ゴールの枠を捉えることはできなかったが、惜しい場面だった。

前半33分には、カタールに左サイドから中央へとパスをつながれ、アブドゥルサラームにシュートを打たれるが、GK大迫が正面で対処。前半35分には、相馬のクロスを食野が頭で折り返し、旗手が左足でシュートを打とうするが空振り。決定機をゴールに結びつけることはできなかった。

直後の前半37分には、左サイドでボールを受けた食野が、得意のカットインからシュートを打つが、GKの正面を突く。前半44分には、相馬の浮き球パスを田中駿汰が受け、胸トラップから左足でシュートを打つが、ゴールの左に外れる。決定機を作るが、ゴールが遠い。

前半アディショナルタイムには、VARにより、田中碧がレッドカードを受けて一発退場。後半開始から旗手を下げて、ボランチの齊藤未月を投入する。これにより、橋岡、立田、町田、杉岡の4バックを形成し、中盤は右から相馬、齊藤、田中、食野。ワントップに小川が入る、4-4-1にチェンジした。

そして後半28分、日本がついにカタールのゴールをこじ開ける。食野のパスを受けた小川がペナルティエリアの外で右足を振り抜くと、対応するDFの股間を抜くシュートを突き刺し、一人少ない日本が先制する。

しかし後半31分、ペナルティエリアで齊藤が相手を倒したとして、PKが与えられると、これをアフラクに決められて1対1。後半38分には、食野に替えて田川亨介。後半44分には相馬を下げて、ボランチの松本泰志を投入する。

両チームとも最後までゴールを目指したが、得点を奪うことはできず。1対1で試合終了の笛を聞いた。

試合後、森保一監督は「前半、多くのチャンスを作り、選手たちが積極的に攻めようという姿勢、勝つための気持ちを出してくれた。前半の終わりに一人少なくなったが、選手たちが意地を見せて、先制点を奪って最後まで戦い抜いてくれたことは今後につながる」と振り返った。

先制点を決めた小川は「引いてくる相手にはミドル(シュート)や大胆なシュートが大事になると思っていた。このままではいけない。正直、こんなに力がなかったのかと思ってしまう」と悔しさをにじませた。

日本のAFC U-23選手権は3試合を終えて、1分2敗。勝点1にとどまり、準々決勝進出はならなかった。