◆大相撲初場所4日目(15日・両国国技館)

 横綱・鶴竜(陸奥)が、結びで平幕の妙義龍(境川)に、もろ差しを許して押し出された。2日連続で金星を配給。支度部屋では「(立ち合いで)パワーが伝わっていない」とため息をついた。5日目以降の出場可否については「(師匠・陸奥親方と相談する?)そうですね。全然、相撲が取れていない」と話した。

 4日目から白鵬が休場し、初場所序盤にして、横綱不在の危機に立たされた。