! 2月2日に開かれる第74回香川丸亀国際ハーフマラソン大会(丸亀市、香川県教育委員会など主催)に、東京五輪マラソン代表に内定している服部勇馬選手(トヨタ自動車)らが招待選手として出場する。大会組織委員会が14日、発表した。

 スタートとゴールは丸亀市のPikaraスタジアムで、21・0975キロを競う。男子の招待選手は、服部選手やハーフマラソン日本記録保持者の設楽悠太選手(ホンダ)ら国内から39人と海外勢5人。女子は、昨年の名古屋ウィメンズマラソンで優勝したナミビアのヘラリア・ジョハネス選手ら海外勢が5人と国内から9人が出る。

 1日には、同じスタジアムで3キロコースと小学生駅伝(4人1組で計4・5キロ)がある。3キロコースと小学生駅伝の参加は締め切られているが、ハーフは1日午前10時からスタジアムで受け付ける。問い合わせは大会事務局(0877・24・6274)へ。

 また、シドニー五輪マラソンの金メダリスト高橋尚子さんらによるジョギング教室も1日に催される。大会ホームページから申し込めるほか、当日も会場で参加を受け付ける。(石川友恵)