サッカーJ3のブラウブリッツ秋田が今シーズンの新体制をほぼ固め、13日、秋田市内で記者会見した。新加入の11選手を含め、26人での出発になる。岩瀬浩介社長は新シーズンのスローガンに、一致団結を示す「結」という文字を掲げた。新チームは週内に練習を始める。

 昨シーズンは前半戦の不調が響き、18チーム中8位に終わった。岩瀬社長は「J2昇格を掲げて頭でっかちになっていた。一つ一つの勝利の積み重ねが結果を生む」として、今季の目標の言葉には「J2昇格」をあえて封印し、「一戦必勝」を目標に据えた。また、選手同士やサポーターとの一体感が大事だとして、「結」というスローガンを示した。

 新加入選手の多くはJ3で戦うライバルチームからの移籍組。選手らは自身の経験から、岩瀬社長と同じようにチームに大事な要素として「一体感」を強調した。AC長野パルセイロから加入したFW三上陽輔選手は「シーズンは良い時も悪い時もある。悪い時も崩れない一体感が大事」と話した。吉田謙監督は「チーム一丸でひたむきに走り、勝利をめざす」と語った。