! 山梨県山梨市の県立日川高校で10年前の夏、脳の病気で右半身まひの後遺症が残る男子バスケットボール部員が、高校最後の大会、初めて出た試合でシュートを決めた。この実話をもとにしたドラマの制作が決まり、近く県内で撮影が始まる。

 タイトルは「左手一本のシュート」。

 主人公は当時19歳の田中正幸さん(28)。中学県選抜に選ばれる注目の選手だったが、高校入学直前に脳内出血で倒れ、利き手の右手と右足が不自由になった。リハビリで1年間休学し、バスケ部に戻ってきた。

 まひの残る体で誰よりも練習し、後輩の面倒もみた。あふれ出る情熱に仲間は奮い立つ。公式戦でシュートを決めさせようと結束し、実現させた。田中さんは3分半出場。左手でパスを受け、そのままシュートを決めた。

 田中さんは東京福祉大学に進学し、現在は建築関連の会社に勤めながら新たな夢に挑む。競泳で東京パラリンピックに出場することだ。取材に「ドラマ化で、みんなが夢を実現する時の勇気につながればうれしい」と話した。

 ドラマはBS―TBSの開局20周年記念の2時間ドラマとして3月に放送予定。若手俳優が主役を務め、今月下旬から日川高校や試合会場だった鐘山総合体育館(富士吉田市)でロケが始まる。TBSの担当局長は昨年12月の記者発表で「諦めず、挑戦することの大事さを伝えたい」と意気込んだ。