バスケットボールの全日本選手権は12日、さいたまスーパーアリーナで男女の決勝があり、女子は、JX-ENEOSがデンソーに83-53で圧勝し、7大会連続24度目の優勝を果たした。男子は、SR渋谷が川崎を78-73で下し、前身の日立東京時代以来、5大会ぶり2度目の優勝を果たした。