陸上の第38回全国都道府県対抗女子駅伝大会は12日、たけびしスタジアム京都発着の9区間42・195キロで争われ、京都が2時間16分15秒で3大会ぶり17度目の優勝を飾り、最多優勝回数を更新した。2位は宮城で2時間16分25秒、3位は東京で2時間16分36秒だった。

 京都は1区で18位と出遅れたが、5区の三原梓、6区の村松灯(とも)、7区の村松結(ゆう)(いずれも立命館宇治高)が区間1位の快走で2位まで押し上げると、8区の瀬川藍(木津二中)がトップに出て、最終9区を一山麻緒(ワコール)が逃げ切った。

 東京五輪女子マラソンの代表に内定している前田穂南(天満屋)は大阪で9区を31分57秒で走り、区間4位タイだった。

(スタート時の天候は曇り、気温9度、湿度54%、北の風0・1メートル)