ラグビーの第56回全国大学選手権大会決勝が11日、東京・国立競技場であり、早大が明大を45―35で下し、11季ぶり16度目の優勝を飾った。明大は2連覇を逃した。

 早大は前半9分にSH斎藤がPGを決めると、12分にナンバー8丸尾がトライ。その後も3トライなどを加え、前半で31―0と大量リードを奪った。

 後半は一転して点の取り合いに。明大はWTB山村のトライで反撃に転じ、ロック箸本、SO山沢らもトライを加えるなど計5トライを返したが、早大が2トライを加え、振りきった。決勝での早明対決は23季ぶりで早大が勝ったのは43季ぶり。早大の通算4勝6敗となった。

 新しい国立競技場で初めて開かれたラグビーの試合で、観客は5万7345人だった。