国際オリンピック委員会(IOC)のアスリート委員会は9日、政治的、宗教的、人種的な宣伝活動を禁じた五輪憲章第50条について、禁止行動を具体的に挙げた指針を発表した。東京五輪から適用する。

 五輪期間中、選手らは会場や選手村、表彰式などでの政治的なメッセージやジェスチャーは一切認められない。国歌演奏の際にひざをついたり、表彰式で表彰台に上がらなかったり、記念撮影を拒否したりしてはいけない。事案があった場合、当該国・地域のオリンピック委員会や国際競技連盟、IOCが、違反かどうか、どのような処分をするか、個別に判断するという。

 表現の自由に配慮し、記者会見や報道機関を通じての発言、SNSなどでの発信は処分の対象外とした。IOCのコベントリー・アスリート委員長は、「たくさんの選手と話し合って決めた。ルールを明確にする必要があった」と説明した。