第99回全国高校ラグビー大会は30日、大阪・東大阪市花園ラグビー場で2回戦があり、滋賀県代表の光泉は21―19で秋田中央に逆転勝ちした。9回出場の中で初めての3回戦進出で、1日にシード校の御所実(奈良)と対戦する。

 一進一退の攻防だった。光泉は1回戦と同様に、持ち味の素早いパスで左右に展開し、空いたスペースに走り込んで得点につなげた。

 前半1分、22メートルラインの右から左へのキックパスを妹尾薫選手(3年)がキャッチし、そのままトライに持ち込んで先制。その後は相手のトライと、密集の形から押し込まれて逆転を許した。しかし24分、森寛大選手(2年)が相手のタックルをかわしてトライを決め、14―12で折り返した。