サッカーの皇后杯全日本女子選手権(朝日新聞社など後援)は29日、埼玉・NACK5スタジアム大宮で決勝が行われ、日テレが浦和を1―0で下し、3大会連続14度目の優勝を果たした。日テレはリーグ戦、リーグ杯とあわせて2季連続で3冠を達成した。浦和は初優勝を逃した。

 日テレは、前半7分に右CKを田中が右足で合わせるボレーシュートで先制。攻守ともすきのない試合運びを見せた。