東京で開かれている第72回全国高校バスケットボール選手権大会(ソフトバンクウインターカップ、朝日新聞社など主催)は25日、女子の3回戦と男子の2回戦があった。女子の津幡は、大阪桐蔭(大阪)を72―71で下し、ベスト8に進出。男子の北陸学院は福岡第一(福岡)に58―94で敗れた。

 津幡は第3クオーター終了時点で、45―57とリードを許す展開。しかし、第4クオーターで、一挙27点を挙げ、逆転勝利を収めた。

 26日、京都精華学園(京都)と対戦する。勝てば2年連続のベスト4となる。

 北陸学院は、第1クオーターを23―22でリードして終えた。元田大陽選手(3年)が、チーム最多の16点を挙げるなど奮起したが、及ばなかった。(三井新)