(22日、フィギュアスケート・全日本選手権男子フリー)

 全日本ジュニアを制した16歳の鍵山優真(星槎国際高横浜)が、ショートプログラム(SP)の失敗を振り払う会心の演技を見せた。「失うものはない。挑戦していこう」と気持ちを入れ替えて臨んだフリーで、4回転ジャンプ2本、トリプルアクセル(3回転半)ジャンプを2本決め、SP7位から総合3位に食い込んだ。年明けにはユース五輪への出場を控えているが、「シニアの舞台でも戦える自信がついた」と大きな手応えをつかんだ。