札幌市で行われる2020年東京五輪のマラソンコースのうち未定だった後半の22・195キロについて、約10キロを2周する案が固まった。既に決まっていた前半20キロコースの北側を主に走るもので、合わせて変則的な3周コースとなる。大会組織委員会とワールドアスレチックス(世界陸連)が合意し、19日午後に発表される。

 マラソンコースを巡っては、ハーフマラソンなどで活用できる「レガシー」を残したい組織委が20キロを2周する案、コンパクトコースを奨励する国際的な流れをくむ世界陸連が7キロを6周する案を出し、意見が分かれていた。組織委案が一部採用され、4日に前半20キロのコースだけが発表されていた。

 後半について、世界陸連は約7キロを3周する案を主張。14日には担当者が現地視察したが、スタッフ配置などの効率化が図れないことがわかり、前半コースを活用して約10キロを2周する折衷案がまとまった。