全国上位で活躍する男子の陰に隠れがちだが、女子も負けていない。第72回全国高校バスケットボール選手権大会(ソフトバンクウインターカップ、朝日新聞社など主催)に、県内からは3年連続出場の精華女子と、初出場の東海大福岡が挑む。

■精華女子 未踏のベスト4を狙う

 4回目の出場となる精華女子(福岡市博多区)は、過去ベスト16が最高。九州大会、ウインターカップ県予選を制した勢いに乗り、未踏のベスト4をめざす。