18日、『EAFF E-1 サッカー選手権』の3戦目が韓国の釜山で行われ、日本代表が韓国代表と対戦。日本は前半28分に失点すると、韓国の固い守備の前に攻撃の糸口をつかめず、0対1で敗戦。3大会ぶりの優勝はならなかった。

引き分け以上で優勝が決まる日本。スタメンは初戦から1名を入れ替えたのみとなった。GK中村航輔、最終ラインは右から畠中槙之輔、三浦弦太、佐々木翔。ダブルボランチに田中碧と井手口陽介。右に橋岡大樹、左に遠藤渓太。2シャドーに鈴木武蔵、森島司。ワントップに上田綺世が入る、3-4-2-1でスタートした。

最初の決定機はホームの韓国。前半9分、右からのコーナーキックをキム・ミンジェがフリーでヘディングシュートを放ち、クロスバーを直撃。日本は肝を冷やした場面だった。

前半15分、日本がチャンスを迎える。最終ラインからのロングボールを鈴木が収めると、ドリブルで相手をかわしてシュート。ボールはゴール右に外れたが、チームに勢いをもたらすプレーだった。

前半25分、韓国のコーナーキックのボールをキム・ヨングォンと畠中が競り合い、ゴールへ飛んで行ったボールがゴールポストを直撃。韓国得意のセットプレーから、再びチャンスを作られてしまう。

そして前半28分、ゴール正面でボールを受けたファン・インボムが左足で強烈なシュートを突き刺し、大声援を受けて攻め立てる韓国が先制する。

劣勢の日本は後半開始から、遠藤に替えて相馬勇紀を投入。後半17分には、井手口を下げて大島僚太を送り込んだ。大島の登場により、ボールが動くようになった日本は、徐々に韓国ゴールに迫るが、固い守備の前に決定機を作ることができない。

後半33分には鈴木に替えて、今季のJリーグMVP仲川輝人を入れ、交代カードを使い切る。その直後、韓国のイ・ジョンヒョプに抜け出されてピンチを迎えるが、シュートはゴールの右に外れた。

日本は相馬のドリブル突破、大島、田中のパス供給で攻勢に出ると、後半43分には森島がペナルティエリアの外から強烈なミドルシュートを放つ。これはゴールの上に外れたが、久しぶりのシュートだった。

最後までゴールを目指した日本だったが、韓国の守備を崩すことはできず。0対1で敗れ、2大会連続の2位で大会を終えた。

試合後、森保一監督は「(敗戦は)悔しいが、成長の糧にしていきたい。選手たちはいいトライをしてくれた。2020年に向けて、今回の経験を活かしたい」と振り返った。

この結果により、E-1選手権は1位韓国、2位日本、3位中国、4位香港となった。