ノルディックスキー・ジャンプ男子で47歳の葛西紀明(土屋ホーム)が17日、24季続けて出場してきた年末年始伝統のジャンプ週間の遠征メンバーから外れることを明かした。

 5戦が終わった今季のW杯で、葛西は開幕戦で予選落ちするなど、30位以内に与えられる得点を獲得していない。この日、帰国した新千歳空港で「厳しい戦いでしたね。長年行っていたジャンプ週間は行けない。残念ながら、一番出場したい試合だが、この成績ではだめ」と苦笑いを浮かべた。助走路での感覚も良くないという。「急にスピードが出なくなり、気にしだしたら一気にやられた」

 今後は格下のコンチネンタル杯に回る予定。「体は問題ない。帰りの飛行機は悔しくて寝られなかった。でも、まだこういう気持ちがあることも分かった。コンチからはい上がる」と、雪辱を誓った。