フィギュアスケート女子で2018年平昌冬季五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(17)が15日、自身のインスタグラムを更新し、「私は活動休止も『引退』するつもりもありません」と書き込んだ。

 ロシア語、英語、日本語でメッセージを公開。「先日のテレビ出演後、『一体どういうことか』『なぜ引退したのか』という多くの質問を頂いています。テレビ出演の際、私は不安で、自分の考えをはっきりと伝えることができませんでした」とし、「私は常に表彰台の一番上に立ちたいですし、そのために、さらにハードなトレーニングをする必要があります」などと続けた。

 ザギトワは13日、ロシアの政府系テレビ「第1チャンネル」の番組で「今季はもう大会に出場しない」と発言。アイスショーには出演するが、「私は既に勝利した。人生の全てを手にしている」と話し、事実上の引退宣言と受け取られていた。