来年の東京パラリンピックの新種目、パラバドミントンの日本選手権最終日が15日、千葉市であり、車いす女子ダブルスで世界ランキング1位の山崎悠麻、里見紗李奈組(NTT都市開発)が2連覇を果たした。山崎はWH2クラス、里見はWH1クラスのシングルスと合わせて2冠。車いす男子ダブルスでは村山浩(SMBCグリーンサービス)、梶原大暉(福岡・福翔高)組が制した。

     ◇

 車いす女子ダブルスの世界ランキング1位ペア、山崎、里見組はコートの隅をつく正確なショットと、互いの届かない範囲をカバーし合うあうんの呼吸で、同4位のペアとの決勝を2―0で快勝。年内最後の大会を優勝で締め、来年の東京パラリンピックに向けて弾みをつけた。

 ペアを組んで2年目。今年8月の世界選手権では3位だった。その大会の女子シングルスで優勝した里見は「ダブルスもまだ成長できる。パラリンピックに向けて自信を持てた1年だった」。東京の大舞台へ、準備は進んでいる。