人生山あり谷あり、仲間とならば――坂道しかないコースをチームで走る、初のリレーマラソン大会が2月9日、北薩広域公園(さつま町)で開かれる。丘陵地にあってアップダウンが激しい園路をいかし、家族や友人との絆を確かめる機会にと、初めて企画された。先着30チーム限定で、申し込み締め切りは1月14日。

 2002年にオープンした公園は現在、計画面積102ヘクタールのうち約5割が開園している。「自然とふれあう芸術・文化空間の創造」をテーマに川内川沿いの丘陵地で整備が進んでいるが、施設を結ぶ園路に平らな部分がほとんどない。

 県内最大級の大型遊具も坂道の最上部にあり、来園者からは「ベビーカーを押してはたどりつけない」「バスを走らせてほしい」と不満の声もあがっているという。