明治安田生命J2リーグの鹿児島ユナイテッドFCは、J2昇格1年目だった今季のホーム戦での経済効果が、約88億2600万円にのぼったと発表した。昨季から2倍以上に増え、「J2」効果が鮮明になった。

 ユナイテッドは今回、埼玉県の尚美学園大総合政策学部スポーツ・マネジメント研究会(代表・江頭満正准教授)に2年分の経済効果の算出を依頼した。

 今季の内訳をみると、観客の交通費や観光費、会場での飲食代などの直接消費額が40億円を超えた。さらにその影響で生まれた間接的な波及効果は約48億円。昨季の経済効果は約37億500万円だった。