2020年東京パラリンピックの開会式と閉会式の出演者の公募が、10日から始まった。主役や集団群舞など総勢400人以上を募集する。大会組織委員会は、障害のある人に積極的に応募してほしい、と呼びかけている。

 9日に発表された募集概要によると、募集するのは、開閉会式で主役を演じる「リーディングキャスト」数人▽ダンスや歌など個性や特技を生かしたパフォーマンスを披露する「オリジナルキャスト」約20人▽集団で群舞する「マスキャスト」約400人。マスキャストは6~20人のグループでの応募に限る。

 応募資格は、14年4月1日以前に生まれ、来年1月から大会閉幕まで日本に在住している人で、日本国籍または在留資格のある人。演技の経験は問わない。障害者手帳の有無は問わないが、組織委員会は障害のある人に積極的に応募してほしいとしている。

 来年1月10日締め切り。申し込みは大会公式の募集サイト(https://tokyo2020.org/jp/games/ceremony/paraentertainer/)から。審査には手話などの通訳や必要なサポートがある。詳細は事務局に電話(03・6629・6536)かメール(アドレスは後日サイト内で発表)で問い合わせることができる。ステージ演出は、開会式を劇作家・演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチさん、閉会式を俳優や演出家として活躍するお笑いコンビ・ラーメンズの小林賢太郎さんが務める。