J1残留をかけ、アウェーでの清水エスパルス戦に臨んだ7日の最終戦。0―1で敗れたが、得失点差のおかげで残留確定という結果に、選手やサポーターは複雑な様子も見せた。

 静岡市清水区の相手ホームのスタンドは、清水のチームカラーのオレンジ色に染まった。試合は開始早々からヒートアップ。FW豊田陽平の激しいチャージにブーイングが起きるが、それをかき消すように、駆けつけたサガンサポーターから大声援が送られた。

 豊田がオーバーヘッドシュートを放つなど見せ場もつくったが、相手DF陣や、鳥栖から今季途中に移籍した相手GK大久保択生の堅守もあり、阻まれた。