HULA BOWL出場をかけた公開実力テスト「ジャパン・アメリカンフットボール・コンバイン(JAFC2019)」が2019年12月22日(日)、神戸大学大学エレコムグラウンドにて開催される。

「ジャパン・アメリカンフットボール・コンバイン」は、全米大学アメフトオールスターゲーム「HULA BOWL」の出場権をかけた公開実力テストだ。日本全国より選抜された大学アメフトプレーヤー約100名から、HULA BOWL代表者3名を決定する。当日行われるテストは、40ヤード走、ベンチプレス(225パウンドの反復)、垂直跳び、立ち幅跳び、20ヤードシャトルラン、3コーンドリル、ポジション別個別テストの全7項目を予定している。

実行委員会代表は、現オービック・シーガルズコーチであるケビンジャクソン氏。クラウドファンディングも行い、イベント運営資金を募る。目標金額は300万円。来年、再来年もジャパン・アメリカンフットボール・コンバインを開催し、アメリカで活躍する未来の日本人NFL選手を選定する大会となることを目指す。

開催日時は、12月22日(日)13:00~。会場は、神戸大学エレコムグラウンド(兵庫県神戸市灘区鶴甲1丁目2)。観覧チケット3,000円(税込)。販売はクラウドファンディングにて行う。

HULA BOWL出場をかけた公開実力テスト「ジャパン・アメリカンフットボール・コンバイン」開催

HULA BOWL出場をかけた公開実力テスト「ジャパン・アメリカンフットボール・コンバイン」開催

HULA BOWL出場をかけた公開実力テスト「ジャパン・アメリカンフットボール・コンバイン」開催

HULA BOWL出場をかけた公開実力テスト「ジャパン・アメリカンフットボール・コンバイン」開催

HULA BOWL出場をかけた公開実力テスト「ジャパン・アメリカンフットボール・コンバイン」開催

HULA BOWL出場をかけた公開実力テスト「ジャパン・アメリカンフットボール・コンバイン」開催