スポーツクライミングの日本代表が3日、フランスで行われた東京五輪予選を終え、羽田空港に帰国した。男子は藤井快(27)が優勝、楢崎明智(20)が3位、女子は伊藤ふたば(17)=以上TEAM au=が優勝、森秋彩(16)=茨城県連盟=が5位。五輪出場権を得る6位以上はクリアしたが、出場基準の解釈を巡り国際連盟と日本協会が係争中で、不透明な状況のままでの帰国となった。

 国際連盟の解釈では日本は8月の世界選手権で男女2人の代表がすでに決定。伊藤は「最後に優勝できたのは自信につながる」と前を向いたが…。スポーツ仲裁裁判所の裁定は、年内か来年1月初旬までに出る見込みだ。