来年1月18日に北海きたえーる(札幌市豊平区)で開催されるバスケットボール・Bリーグのオールスターに向け、出場する22選手が2日、発表された。地元レバンガ北海道で社長兼選手として活動し、現役最年長でもある「レジェンド」の折茂武彦選手(49)は、ファン投票1位で初選出。「オール北海道で盛り上げたい」と意気込んだ。

 折茂選手は今季限りでの引退を表明しており、Bリーグのオールスターは最初で最後となる。一方で過去の歴代トップリーグでは計8回選出されたことがあり、「この年になっても入れてもらえるのは本当に幸せなこと。今の日本代表選手たちと一緒にプレーできるのが楽しみ」と喜んだ。

 同じ「B・BLACK」側で選出され、日本代表として今夏のワールドカップ(W杯)に出場した宇都宮ブレックスの竹内公輔選手(34)は、折茂選手を「兄貴というより親父(おやじ)」と表現。「折茂さんをコート上でいかにおいしく(おもしろく)できるか考えたい」と話した。

 レバンガからはBリーグ推薦で多嶋朝飛選手(31)も選出されている。また、選手枠は両チーム1枠ずつ残されており、4日までのSNS投票で決まる。(松本麻美)