J1残留をかけた30日の今季ホーム最終戦は、北海道コンサドーレ札幌に0―2で敗れた。順位は14位を保ったが、サポーターが待ち望む「残留決定」は、最終節に持ち越しとなった。

 最初の失点は開始早々の前半4分。守備の陣形が整わないまま、あれよあれよという間に、ヘディングで決められた。

 相手ディフェンスラインが下がる中、高校生Jリーガーの松岡大起や小野裕二らMF陣が再三にわたってチャンスをつくり、金崎夢生、豊田陽平の両FWがシュートを放ったが、決めきれない。終了間際にも1点をとられ、力尽きた。