スポーツ振興くじ(サッカーくじ、toto)を運営する日本スポーツ振興センター(JSC)が、1等当選金の最高額が現行の2倍の12億円となる新商品「MEGA BIG」を発売する。25日、スポーツ庁が開いたスポーツ審議会総会で承認された。Jリーグなどの試合結果をコンピューターが無作為に選んで購入するくじで、年度内にも発売する予定。

 新商品は1枚300円。J1、J2などの指定された計12試合について、両チームの合計点数を「1点以下」「2点」「3点」「4点以上」の4択からコンピューターが無作為に選ぶ。最高当選金額は7億2円で、繰越金(キャリーオーバー)がある場合は12億円。現行の「BIG」の最高当選金は6億円(通常時)。

 totoの売上金は2013年度から5年連続で1千億円を超えたが、昨年度は948億円に落ち込んでいた。新商品投入の理由についてJSCは「売り上げ1千億円を確実に達成するため」と説明している。