大相撲九州場所で史上最多を更新する43度目の優勝を果たした横綱白鵬(34)が、千秋楽から一夜明けた25日、福岡市内のホテルで記者会見に臨んだ。「自分の喜びより、(ファンの)みなさんが喜んでくれるのが一番だと思っています」と感慨に浸った。

 休場明けとなった今場所のポイントに、唯一の黒星を喫した2日目大栄翔戦を挙げた。「調子は良かったので『空回りしないように』と思っていたら、空回りしてしまった。ただ、あそこで負けたから立て直すことができた。終盤だったら引きずっていたかも……」と振り返った。

 今後の目標を問われ「(優勝)50回ですかね」と宣言。これまで、2020年までは現役を続けると発言してきたが「(目標達成は)2、3年後か分かりませんけど、(東京)オリンピックは越すな」と語った。