フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終第6戦NHK杯は24日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナでエキシビションがあり、閉幕した。

 自身4度目となるNHK杯を制した男子の羽生結弦(ANA)は淡いピンクと白色の衣装に身を包み、「春よ、来い」のピアノ曲で優雅に舞って、大歓声を受けた。女子総合2位の紀平梨花(関大ク)も3回転サルコーなどを跳び、会場を盛り上げた。

 羽生と紀平が出場するGPファイナルは12月5日、イタリア・トリノで開幕する。