日本のラグビーワールドカップ(W杯)8強入りに貢献した新潟市出身の稲垣啓太選手(29)が20日、W杯後初めて帰郷した。母校や役所などを慌ただしく訪れ、支援に感謝を述べる姿に、市民らは温かい拍手を送った。

 午前9時すぎ、稲垣選手が新潟市秋葉区役所に現れると、多くの市民らが歓声をあげて出迎えた。稲垣選手は人垣の中、握手をしながら会場に入り、中原八一市長から「市スポーツ大賞特別賞」の表彰状を授与された。副賞として、同区の農家が生産した米10俵も贈られた。

 W杯を振り返り、「(自国開催で)結果を残さなければ、日本のラグビーが衰退するのではないかというプレッシャーがあったが、声援の力が励みになった。新潟からも熱いメッセージが毎回届いていたので、感謝しています」と述べた。