<スケートボード:STUオープン>◇16日◇リオデジャネイロ◇パーク男子予選、ストリート、パーク各男女準決勝

悪天候で大幅に日程が変更された五輪予選大会第2シリーズ初戦は、男女決勝進出者が決まった。パーク女子は第1シーズン1位の岡本碧優(13)が準決勝トップで決勝進出。四十住さくら(17)も4位で決勝に進んだ。手塚まみ(17)は9位、中村貴咲(19)は10位、開心那(11)は12位、小川希花(18)は19位だった。同男子は予選を9位で通過した笹岡建介(20)が準決勝16位で敗退。永原悠路(14)は予選18位、平野歩夢(20)は予選19位で敗退した。

ストリート男子は白井空良(18)が準決勝2位、堀米雄斗(20)が同7位で決勝に進出。池田大亮(14)は14位、山下京之助(15)は22位、青木勇貴斗(16)は棄権した。同女子は西村碧莉(18)が準決勝5位で決勝進出。西矢椛(11)は9位、中山楓奈(14)は11位、伊佐風椰(18)は13位、赤間凜音(10)は14位、織田夢海(13)は18位だった。