日本大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、過度な反則行為をした同部の宮川泰介選手(21)=4年=が17日、東京・アミノバイタルフィールドであった関東大学1部リーグ下位「ビッグ8」の横浜国立大戦で試合に復帰した。試合後、宮川選手は会見し、冒頭で被害選手らに改めて謝罪した上で、「自分の未熟さのせいであんなことを引き起こしてフットボールが出来なかった。もう一度、フィールドに立てて感謝しかありません」と語った。

 守備の最前線、ディフェンスライン(DL)で先発し、相手選手の攻撃を何度も食い止めた。41―3で快勝し、試合後には副主将として横浜国立大のベンチにあいさつに行き、相手選手と握手もした。会見では「自分のしたことがなくなることはない。(復帰が)手放しでうれしいとは言えない。この環境に感謝するだけです」とも語った。