第9回神戸マラソン(兵庫県、神戸市など主催、朝日新聞社など共催)が17日午前9時、スタートし、阪神・淡路大震災からまもなく25年を迎える街を、2万320人のランナーが駆けた。

 スタート前、ランナーたちは黄色い手袋を掲げ、復興の象徴となったヒマワリを表現。神戸マラソンでは恒例となった光景だ。

 今年の大会テーマは「震災25年の感謝と友情」。できるだけ多くの人に復興した街を見てもらおうと、初出場枠を約2千人から約4千人に倍増させた。国外への発信をねらい、神戸や大阪に駐在する外交官らに走ってもらう「国際交流推進ランナー」も初めて企画。イタリア、インド、韓国、タイ、米国の各総領事館から計9人が42・195キロに挑む。

 ランナーたちは神戸市役所前からスタートし、明石海峡大橋を過ぎてまもなく折り返し、神戸大橋を渡ってポートアイランド内でゴールする。

 男子は、ジョフレイ・クスロ(ウガンダ)が2時間8分46秒で、女子は山口遥(AC・KITA)が2時間27分39秒で、いずれも大会新記録で初優勝した。

■男子10位までの記録

(1)ジョフレイ・クスロ(ウガンダ) 2時間8分46秒

(2)エリウド・バーンゲツニー(ケニア) 2時間12分23秒

(3)坪内淳一(黒崎播磨) 2時間14分5秒

(4)カリプス・ロムワイ(ケニア) 2時間14分9秒

(5)ウェルデュ・ネガシュ(ノルウェー) 2時間14分30秒

(6)ジョン・ロティアン(ケニア) 2時間15分33秒

(7)金子晃裕(コモディイイダ) 2時間17分6秒

(8)川内鮮輝(Jaybird) 2時間17分18秒

(9)小田俊平(神戸市陸協) 2時間17分46秒

(10)近藤秀一(GMOアスリーツ) 2時間17分52秒

■女子10位までの記録

(1)山口遥(AC・KITA) 2時間27分39秒

(2)シセイ・メセレット・ゴラ(エチオピア) 2時間31分30秒

(3)テスファネシュ・メルガ(エチオピア) 2時間31分43秒

(4)ミリアム・ワンガリ(ケニア) 2時間31分48秒

(5)兼重志帆(GRlab関東) 2時間31分56秒

(6)ベティー・ジェプレティン(ケニア) 2時間36分8秒

(7)宋金婷(中国) 2時間36分28秒

(8)スーザン・ジェロティク(ケニア) 2時間39分4秒

(9)テニル・エリス(オーストラリア) 2時間40分9秒

(10)大樽瑞葉(メモリード) 2時間42分53秒

※()は国名か所属名