「卓球・W杯団体戦」(9日、東京体育館)

 男子準決勝が行われ、前回2位の日本は、7連覇中の中国に0-3で敗れた。3位決定戦はないため、3位が確定した。

 第1試合のダブルスは丹羽孝希(スヴェンソン)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)組が、許シン、梁靖崑(リャン・ジンクン)組に0-3で敗れた。

 第2試合は世界ランク5位のエース張本智和(木下グループ)が同1位のファン・ジェンドンに7-11、4-11と連続で落とす。そして第3ゲーム、2度ゲームポイントを迎えたが取り切れず、11-13でストレートでこの試合も落とした。

 第3試合は吉村が世界2位の許シンと対戦。第1ゲームは9-9まで競り合ったが、連続でポイントを落とし9-11で落とした。第2ゲームは5-11で追い込まれたが、第3ゲームは序盤から先行し、11-6とこの試合初めて日本選手がゲームを取った。

 しかし、第4ゲームは一方的な展開となり力尽きた。

 東京五輪本番と同じ会場で行われたテスト大会で、日本男子は大黒柱の水谷隼(木下グループ)を腰痛で欠く中、準々決勝では強豪のドイツを下し、2大会連続でメダルを獲得した。ただ、来夏を見据えた中国との前哨戦は、厳しい結果をつきつけられた。