「体操・個人総合スーパーファイナル」(8日、高崎アリーナ)

 体操の個人総合スーパーファイナル(8日)と全日本団体選手権(9日、10日)の公式練習が7日、会場の高崎アリーナで行われた。10月の世界選手権団体で銅メダルを獲得した谷川航(23)=セントラルスポーツ=は痛めている左足首について「だいぶぎりぎりの状態」と明かした。

 世界選手権の団体決勝には今大会に出場できない可能性をトレーナーに指摘されるも、強行出場。帰国後は約1週間足を休めたが、「やっと通し(練習)ができる」と状態は上がらない。

 個人総合スーパーファイナルで上位2人に入るとW杯シリーズの代表に内定し、W杯シリーズで結果を残せば五輪代表に内定する。負けられない大一番に「(代表の座は)譲れない」と強く語った。