フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フランス杯は2日、フランスのグルノーブルで女子フリーがあり、昨季の全日本女王でショートプログラム(SP)6位の坂本花織(シスメックス)が135・16点の合計199・24点で日本勢最高の総合4位。日本勢は表彰台を逃した。優勝は昨季のジュニアGPファイナル覇者でSP1位のアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)。2本のトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを決め、159・45点の合計236・00点で圧勝した。GPシリーズの女子は第1戦スケートアメリカ、第2戦スケートカナダに続き、ロシア勢の3連勝になった。

 平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)は冒頭の3回転ルッツで転倒したり、ジャンプで回転不足の判定を受けたりして141・82点の合計216・06点の総合2位だった。SP5位の樋口新葉(明大)が109・34点の合計174・12点で総合6位。SP7位の白岩優奈(関大ク)は98・59点の合計161・71点の総合9位だった。(グルノーブル=大西史恭)