2020年東京五輪のマラソン・競歩の開催地が札幌市に決まった1日、小池百合子知事は国際オリンピック委員会(IOC)への不信感を改めてにじませた。東京開催を待ち望んでいた人たちには失望が広がった。

 「(競技会場については)IOCが決定権を持っているという動かせない事実がある。了とせざるを得ない」。1日午後の定例記者会見。マラソン・競歩の開催地が東京から札幌に移ったことを問われ、小池氏はそう答えた。IOCに質問状を送っていたことも明かし、「ざっくりとしたお話が多く、まだわからない点がある」と述べた。

 一方で、五輪マラソンの代替策として、IOCのトーマス・バッハ会長が大会後、東京のマラソンコースを活用した「五輪セレブレーションマラソン」を提案したことは評価。時期や出場選手は未定だが、小池氏は「幻のマラソンコースを幻に終わらせないために、一つの具体的な実になっている」と述べた。