第51回全日本大学駅伝対校選手権大会(朝日新聞社など主催、長谷工グループ特別協賛)が3日、スタートする。熱田神宮(名古屋市)から伊勢神宮(三重県伊勢市)までの8区間、106・8キロの行程のうち愛知県内のコースでは、県警第一交通機動隊の白バイ隊員2人が選手たちを先導する。

 先導役を務めるのは、小幡一成さん(29)と高桐一輝さん(29)。ともに暴走族などの取り締まりを担う「暴走取締中隊」に所属する。

 入隊8年目の小幡さんは、新人隊員の指導役として、入隊3年目の高桐さんに車両整備や取り締まりの方法を教えてきた。高桐さんのことは「24時間ともに行動し、家族みたいな存在」と話す。