東京五輪のマラソン、競歩について、国際陸上競技連盟が札幌開催を前提に、男女マラソンは同日開催とするなど、日程を変更し計5種目を3日間で行う案をまとめたことが分かった。日程案は二つあり、どちらを望むか各国・地域の陸連に回答を求めていた。日本陸連は31日、国際陸連にスタート時間など、運営方針を尋ねたところ「詳細は検討していない」という説明を受けたため、アンケートに回答しない意向を伝えた。

 国際陸連の案の一つは8月7日に男女20キロ競歩、8日に男子50キロ競歩を行い、2日に予定していた女子マラソンを男子と同じ、五輪最終日の9日に行う。

 もう一つは、新国立競技場で陸上競技が始まる前の7月27~29日、もしくは同28~30日の3日間で5種目を実施する案。男女マラソンの日にちは明示していないが、同日に開催するとしている。運営費削減などの狙いがあるとみられる。

 日本陸連によると、30日夜に国際陸連から案が届いたという。日本陸連は今後、大会組織委員会などと検討するが、幹部は「マラソンのスタート時間を男女でどうするかなど運営に大きく関わる問題なので簡単に回答できない。運営面について国際陸連がどこまで想定しているのか、問い合わせる必要がある」と話した。

 マラソンの男女同日開催は2017年8月のロンドン世界選手権で実施例がある。この時は男子が午前10時55分、女子が午後2時のスタートだった。札幌開催でも暑さを考慮すると、朝と夕方にスタート時間を分けるなど検討材料は多い。

 東京五輪マラソン、競歩の開催地を巡っては、IOCが暑さ対策を理由に東京から札幌に移す案を「最終決定」と主張。反発する小池百合子東京都知事に理解を求めている。

 IOCが東京五輪の準備状況をチェックする調整委員会が30日から11月1日までの日程で東京都内で開かれており、最終日の1日にはIOC、大会組織委、東京都、国の4者協議が予定されている。

 マラソンコースについて組織委は毎年8月末にある北海道マラソンを基本とする方針。発着点は札幌市中心部の大通公園で、観客席は設けずチケット販売はしない方向で検討している。

 一方、2020年東京パラリンピックのマラソンについて、国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長は31日、都内で取材に応じ、「東京開催を変える考えはない」と話した。

 都内であった大会組織委員会幹部らとの会議後、記者団の質問に答えた。パラのマラソンは男女ともに来年9月6日に実施予定で、暑さに配慮してスタートを当初の予定より30分早い午前6時半に繰り上げた。IPCは組織委から過去の気温データなどの提供を受けているといい、パーソンズ氏は「五輪開催時よりはずっと涼しく、条件が違う。暑さ対策はしっかりやる」と話した。