2020年東京五輪の準備状況を確認する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会が30日、東京都内で始まり、マラソン開催地をめぐって、IOCのジョン・コーツ調整委員長は、国と東京都、大会組織委員会の4者で来月1日に協議することを提案した。東京都の小池百合子知事も出席する意向を示した。

 調整委員会の会議後、小池氏が記者団の取材に応じた。IOCが「最終決定」とする札幌開催について「コーツ氏はデシジョン(決定)とおっしゃっていましたが、これについては私どもは受けていない」と、改めて東京開催の考えを強調した。

 費用負担について問われると「仮の話と理解しているが、別会場に都民の税金を支払う考えはございません」と、負担する考えがないことを示した。

 今後の議論に対しては、ラグビー・ワールドカップ(W杯)で躍進した日本チームのスローガンに例え、「ワンチームでいくことがこの大会の成功のもと。ベースが信頼だと思っています」と牽制(けんせい)した。