第72回全国高校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ、朝日新聞社など主催)の県予選は27日、花巻市総合体育館で決勝があった。男子は一関工が黒沢尻工を78―72で、女子は盛岡白百合学園が一関学院を83―82で破り全国大会出場を決めた。両校は12月23日から東京都で開かれる全国大会に出場する。

■リズム作り底力 序盤の劣勢覆す 男子・一関工

 序盤は相手のパス回しや3ポイントシュートなどに苦しみリードを許した。後藤靖宏監督も「インサイドにボールを集めすぎて展開が重くなった」と話す。